女性の産毛はヒゲ?

女性の産毛はヒゲ?

女性の産毛で人からみたら「それってヒゲじゃないの?」、彼女「ひげじょ」だよねって思われていたら、とてもショックですよね。

 

だからといって産毛を自己処理ばかりしていたら、状況は段々悪くなります。なぜなら、自己処理は「剃る」「抜く」だからです。

 

どちらも女性の顔の皮膚には負担のかかるものばかり。

 

「剃る」場合、お肌のバリア機能は壊れて、空気中にある異物を感じやすくなるために、敏感肌になる可能性があります。
「抜く」は最悪の場合、毛穴が炎症を起こして大きなニキビのようなものになってしまう可能性もあります。

 

しかも、治っても後が残ります。だから自己判断で産毛かヒゲかわからない毛を処理するのは大変危険です。

 

でも、ほとんどの女性は鼻下のヒゲか産毛をシェービングしているみたいですね。剃るばかりだと、だんだん濃くなってくるのはわかりますよね?

 

ノイス(NOISU)って知ってますか?抑毛効果のあるスキンケアクリームで、毛を薄くしたり、細く、弱くして、生えてこなくして、スキンケアもしてくれるという優れものなんですって。一度ネットで調べてみてください。これなら自己処理しないで産毛かヒゲのようなものを段々薄くすることができますよ。

 

他にも手足だけに使える豆乳ローションなどがあります。つまり、顔の産毛やヒゲのキーは女性ホルモンが握っていると言っても過言ではありません。

 

抑毛クリームを使いながらでも、女性ホルモン様(女性ホルモンと同じ働きのする成分)をなるべく摂取するよう心掛けてみてはいかがでしょうか?
代表的なものはイソフラボンが含まれる豆乳に納豆、醤油などですよね。他にもザクロもあります。

 

そのものが女性ホルモンでなくても、アロマ芳香でぐっすり眠ることで女性ホルモン分泌促進作用のあるものもありますので、女性ホルモンをなるべく出すことを考えてみてください。

 

かつて脱毛はリッチな人のみの贅沢な施術でした。普通の庶民は毛抜きを利用して、熱心にムダ毛を引き抜いていたのです。

 

現代の脱毛サロンの高度化、もっと言うなら低料金には驚きです。だから、脱毛サロンもオプションの1つに入れてもいいかも知れません。
でも数回では終わりませんので、ヒゲの生える周期で数ヶ月間何度も通ってレーザーを照射する必要があります。

 

しかも安くありませんので、あまり気になるほどでもないという人は、まず抑毛クリームと食事、生活に気をつけることから初めるのがおすすめです。

 

⇒女性のひげ抑毛クリームについてもっと知りたい方はこちら